PayPay証券で儲かってます!現物株はここから

少額投資

PayPay証券で始めよう!現物株はここから

私は長い間、主として日経225先物取引とFXでトレードをしてきました。しかし、多く
の方が考えるように、投資の基本は「現物株での長期投資」という思いは消えていませ
んでした。

そんなとき、PayPay証券というスマートフォンがあればだれでも気軽に現物投資を始
めることができるサービスができたことを知りました。1,000円から購入可能なので、
遊び感覚で気軽に始めました。通常ではなかなか手が出しにくい有名優良株も気軽に買
えます。

たまたま、コロナ相場の大暴落のときの波にうまく乗って儲けさせてもらいました。簡
単に言えば、大暴落前に右肩上がりだった米国指標株S&P500を頂点付近で決済し、暴落
後の底でも買うことができたからです。

とはいえ、こわごわと少額しか買っていませんので大儲けしたわけではありません。余
剰資金で遊び感覚でやったのが良かったのでしょう。

PayPay証券の特長

少額から始められる

株は本来、株数単位で購入します。通常100株や1,000株でないと買えない銘柄も多く、
場合によっては最低数十万円の資金を準備する必要があります。
しかし、PayPay証券1,000円、1万円といった少額の単位で購入できるのです。それ
は、PayPay証券が購入した株式を1,000円単位で分割して顧客に販売しているからです。

また、配当金も購入額に対応して分配されるのも魅力です。とくに、米国株は配当利回
りの良いところ(たとえば、P&Gの3.56%やGEの4.5%など)や年4回配当を出す企業が
多いから長期投資に向いてますよね。

積立投資ができる

PayPay証券が厳選した株を中心に積立投資をする「つみたてロボ貯蓄」があります。
もちろん、元本保証ではないのが株取引の特徴ですが、大金を預けていても目減りする
だけの銀行預金とは比べ物にならないほど利殖のチャンスが大きいと言えます。

シンプルで使い勝手がいい株式売買サイト

PayPay証券は前身はOneTapBuyという名称でしたが、その名の通りアプリがシンプルでスマホで簡単に売買ができるの
が特長となっています。 24時間取引でき、銀行からの即時送金(「おいたまま買
付」)ができ、買い付けも決済も簡単に即座にできるのがストレスフリーで良いですね。

中級以上の株式投資の練習になる

少額から始めて、やがて本格的に株式投資に乗り出そうという方は、「誰でもIPO」と
いうIPO(新規公開株)に1株から参加できますし、「PayPay証券 10倍CFD」でレバレ
ッジにのきいたトレードを経験することもできます。

また、未成年者でも口座を開設して取引を体験することができます。日本ではほとんど
と言っていいくらい金銭教育がなされていませんから、これは貴重です。しかも15歳~
19歳ならば、口座開設する場合に親権者のPayPay証券口座は必要ない(同意書は必
要)ので、参加しやすいですね。

PayPay証券で買える株式銘柄

日本株は128銘柄(R2年6月現在)、米国株は65銘柄から選べます。また、日経平
均系の日本株ETFが4銘柄、米国株ETFが19銘柄から選べます。日本株・米国株ともに有
名銘柄がズラリそろっています。それが、自分の余裕資金の範囲で買えるのがうれしい
ですね。
無名の株や新興の株を買ったり、空売りでエントリーするような株式売買を楽しむ中級
以上の方には物足りないシステムかもしれませんが、これから投資または株取引を始め
ようという方には、気軽に始められるので良いのではないでしょうか。

PayPay証券 参考口コミまとめ

One Tap BUYは注文方法や対応チャネルなどバリエーションが幅広く、取り扱い商品の情報がわかりやすいのが特徴で、セキュリティも抜群でかなり安全性が高いです。また、ユーザーインターフェースにおいても、抜かりは無く、無駄な手順や時間を取らないのも、大きなポイントです。一度の取引で発生する手数料も安く、明確に記載されているので、心置きなく取引することが可能です。サポート対応も丁寧で、非常に満足できるものでした。隙間時間に証券取引をおこないたい方、まだ取引した事のない方には非常におすすめです。


「コツコツと米国株の配当金が入ってくるのは嬉しい」
1,000円単位で株が購入できるから、配当金を再投資に回すのに向いている」
「確かに便利だけど選べる株の種類をもう少し増やして欲しい」
「ワンタップバイが儲かるか儲からないかで言えばその人次第としか言いようがないん
だけど、株式投資参入の助走としては最高なんじゃないかな。
株の勉強しながら低額で運用がインアウト両方できて最高で最高。」
「ワンタップバイ、使ってみようと思ったけど、これでやれることはSBI証券で全てや
れるし、初心者に個別銘柄はおすすめできないし、手数料もSBIに分があるし、インデ
ックスファンドの選択肢もSBIの方が多いから使う理由がないな。」

まとめ

まとめると、次のような方に向いているのがPayPay証券と言えるでしょう。

  • 面倒な手続きなどなしに、手早く株取引を始めてみたい人
  • 少額ずつ株を購入したい人
  • 積立感覚で外国株に投資したい人

関連記事

日経225デイトレはCFDで取引しよう

225先物は、シンプル イズ ベスト?

コメント

タイトルとURLをコピーしました