注意!225先物で「シンプルイズベス ト」が通用しなくなってきています!

日経225先物取引

日経225先物 Simple is hard

これまで、主に日経225先物取引でシ
ンプルロジックを追求してきた私ですが、
これまで作成販売してきたいくつかの売
買ロジックが通用しない状況になってい
ます。

すなわち、むしろシンプルロジックは危
険な状況になっているということです。

ロジックそのものが危険ということでは
なく、今の状況で使うと損失を被る危険
性があるということです。

そのため、最近私の商品を2つほど販売
停止としました。

そうすることが誠実であると思うからで
す。同様の判断をした人は、FXの売買ロ
ジックやEAを販売する方の中にもいます。

正直言ってそれでもまだ何とかなりそう
なものは販売を続けております。

しかし、多くの業者はこのような危険な
状況でも販売を続けているのが現状では
ないでしょうか。

確かに、中にはリーマンショック以前か
らのデータをもとに作成したロジックを
販売しているものがあるでしょうが、
通常の相場なら通用するロジックでも、
今回のような異常事態での相場では通用
しないのが自然と考えます。

なぜなら、今回のパンデミック状況とい
うのは、人為的にはどうしようもない部
分があるからです。

ちなみに、こちらのデータをご覧くださ
い。


これは、3月のデイトレードのデータで
す。色がついているところは、その日の
始値からの最大の上幅と下幅を示してい
ます。

私は、以前から±300を超えた時に異
状と考えて色を付けることにしていまし
た。

こうした状況が2日も続けば一時トレー
ドをストップすることも考えます。

それが、こうした異常な状況が1か月以
上も続くということは、正にロジックが
全く使えない状況に陥っていると考える
わけです。

しかも、この月は一方向のみでなく上下
どちらにも暴れるような相場です。

したがって、このような相場では、テク
ニカルでは推し量れない状況にあるとい
うことが言えるのではないでしょうか。

なので、基本的にはテクニカルによる売
買判断はあまりあてにならないというこ
とになります。

最も賢い選択は、現在の相場には手を出
さないでおくということです。静観して、
相場が落ち着くのを待って、すなわちこ
れまでのテクニカルロジックが再び使え
る時を待つことが一番かと思います。

スポンサーリンク

225先物は現物株の買いかスキャルピングか

それでも、相場に手を出さずにはいられ
ないのが、トレーダーの性でしょうか。

その場合は、これまでのロジックに頼ら
ずにトレードすることでしょうね。

私もそうしたうちの一人です。私は、早
々に既存のロジックから脱出しました。

資金を温存しつつ、細かく少額資金でCF
Dでスキャルピングをやったり、長期戦
略で相場が底を示したと思われるところ
で個別株の現物を少しずつ買っていくと
いうやり方を実践しております。

おすすめCFD

関連記事

日経225デイトレはCFDで取引しよう

投資塾 ラジオヤジ相場天気予報から 学ぶ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました