日経225 朝の2時間トレード例

日経225 朝の2時間トレード例


1.とりあえず寄成買い

さまざまなエントリーポイントが
ありますが,一日中(場合によっ
ては夜中も)パソコンに張り付い
ているわけにはいきません。

そこで,私からの提案は朝の2時
間のトレードです。具体的には,
8:45から10:45です。

なので,まず寄り成りで建玉を持
ちます。

買いか売りか迷うときりがありま
せん。

日通しのチャートを見ても日中の
チャートを見ても,寄付き後どの
ように推移するのかは予測できな
いからです。

私はこれまでに,ファンダメンタ
ル要因を始め,米国市場との関係
や為替との関連,直前チャートと
の関連など,研究を重ねてきまし
たが,いまだ結論が出ません。

唯一,これまでのデータから「と
りあえず買いエントリー」という
手法の優位性を確認しているわけ
です。


2.2時間内に決済するかドテン売り

次の3とおりあります。
①上昇トレンドで+50を超えたら
決済。
②10:45の時点で,+50未満だが上
昇トレンドならば引成注文を出
して終わる。
③10:45の時点までに,下降トレ
ンドに入ったら決済して終わる
か,ドテン売り・引成注文を出
して終わる。


3.朝の2時間トレード例

次に実例を挙げます。

この日,¥21635で寄り付きました。

しかし,その後下げ続けて,
MACDヒストグラムも連続で↓となる
と1⃣あたりで損切り決済の誘惑にか
られます。

しかし,MACDラインは依然として
シグナルラインのはるか高いところ
を登っていますので,
ガマンします。

このままいけば,
13時過ぎデッドクロスしたところ2⃣
で決済かドテン売りとなりますが,
10:45にどうするか判断します。

10:45時点で¥21575,
-60です3⃣。

ヒストグラムは下げ続けています
が,MACDラインはデッドクロスを
していないので,ドテンもしません。

それどころか,MACDラインは
依然↑なので,
引け成り注文を出して終わります。

15:15,¥21765で引け
ました。

結局,この日寄り引けで
+130の成績でした。

この日の成績はいい方です。

10:45で終わらない場合,
4年間の成績は一日平均+34,
この約4か月間の朝2時間の
この手法の成績は,平均+30
勝率約70%です。