大陰線・大陽線には ガマンしよう

スポンサーリンク
広告

ガマンできるか買いエントリー後の大陰線

ときどきご覧のような大陰線が
出ることがあります。
(寄付き2本目の長い緑線です)

ローソク足以外のインディケー
タを見ますと,
移動平均線は,短期・中期・長
期のいずれも↓にブレイクして
います。

MACDも大きく↓になりました。

テクニカル的には売りサインと
なると思いますが,警戒しなけ
ればなりません。

この日,もし寄成りで買いエン
トリ-している場合,慣れない
頃の私は,こういうとき慌てて
ロスカットしてしまいました。

それどころか,ドテン売りして
二重に失敗をしてしまったこと
もありました。

そこで,今ではこういうローソ
クが出た時には,様子見をする
ことにしています。

もちろん,
このことは大陽線の場合も同じ
です。

案の定,この日はその後反発し
ていきました。

MACDを重視するという考えから
は,次の2本のヒストグラムが
さらに↓なので,その時点で
「売り」エントリーという考え
方もあります。(実際そうすれ
ばよかったということもありま
す。)

しかし,反発を示す陽線が続く
うちはエントリーしないほうが
無難と言えます。

そうこうしてるうちに,MACDは
ヒストもラインも↑となってし
まいました。

この日,結局その後売りのタイ
ミングは来ないうちに引けてし
まいました。

メンタルを支えるもの

スポンサーリンク


ところで,あなたのメンタルは
大陰線に耐えられるでしょう
か?

この日もし,寄り成り買いでエ
ントリーしたとすると,
9:15の時点で-140の含み損
です。一時期,-155まで落ち込
みました。

トレードに慣れない・あるいは
メンタルの弱い人であれば,慌
てて決済してしまうところです。

黙っていれば,さらに損失が広
がることは十分考えられます。

しかし,少し待てばまた戻すか
もしれない。または,損失はせ
いぜい-200くらいまでだろうと
わかってればガマンできるかも
しれませんね。

この「-200くらいなら」という
考えが持てるには,資金が十分
であることが条件となります。

証拠金ぎりぎりの資金でトレー
ドしていると,ついついロスカ
ット癖がついてしまいがちです。

なので,資金は常に証拠金の2
~3倍以上を確保しておくこと
をお奨めしたいと思います。

この日のトレード,寄り成り買
いでエントリーした人も,ガマ
ンしていれば引け成りで-40で
済みました。

しかし,考えようによっては,
9:15に決済しても-140で済
んだとも言えます。実際,さら
に↓に行くという可能性もあっ
たわけですから。

スポンサーリンク
広告