おすすめ225トレード手法

寄付き2時間で勝負

日経225先物取引は,朝の2時間
でのトレードがお薦めです。

最もシンプルなトレードは,
寄り引けトレード
ですが,シンプルなだけに
(精神的に)ハードです。

そこで,2番目にシンプルなト
レードが今回紹介する手法です。

これは,朝の2時間だけ集中し
てチャートと付き合うやり方で
す。

寄り引けよりも利益を安定して
得ることが可能です。

それは,リアルチャートを見て
のテクニカルな取引だからです。

ところで,なぜ朝の2時間だけ
なのでしょうか。

ひとつには,普通の人は
一日中チャートとにらめっこし
ている時間がないからです。

いわゆる「プロトレーダー」な
らば,それもありですが,ほと
んどの方はトレード以外に人生
の中心があるからです。

まあ,ある意味わたし自身の都
合から考えられたというわけで
す。

しかし,客観的な理由もちゃん
とあるのです。

それは,時間がたつにつれてト
レードへの参加者が減少してき
て相場の動きが鈍くなるからで
もあります。

なので,私は8:45から概ね
10:45の間で取引をしてい
ます。

しかも,0回か1回だけのトレー
ドです。

チャンスがなければ,トレード
なしですし,エントリーしても
10:45までには決済するよ
うにしています。

利益が出ていても,損失が出て
いても10:45には手じまい
ます。

これは,長い間の経験から得た
トレード手法なのです。

たとえば,
10:45以降について,
引け成りで決済注文を出すこと
もできますが,折角の含み益を
その後失ったり,含み損を拡大
させるかもしれません。

また,さらに時間を延ばしてチ
ャートとにらめっこして利益を
伸ばしたり,取り戻したりする
こともあるかもしれません。

しかし,私の経験では,その後
失う時間の価値ほうが大きく感
じられるので,結局その後勝っ
てトントン,負ければ損失感の
拡大を味わうことになります。

というわけで,以上が寄り引け
をやらない場合のおすすめト
レードの理由でした。

では,具体的にどんなトレード
をしているのかご覧ください。

15分足チャートでのトレード

チャートは,15分足を中心に利
用します。もちろん,1分足,5
分足,60分足,日足等もすぐに
表示できるようにしておきます。

1分~5分の短い足を利用して,
スキャルピングをするのも面白
いのですが,今回のオススメは
15分足中心です。

15分足の良さは,一喜一憂する
ことが少なくて済むからです。

わたしは,9:14から15分ご
とにアラームを入れておいてま
す。

そうすれば,他の時間は別の仕
事をして,アラームが鳴った時
だけチャートをチエックすれば
いいので,時間の節約ができる
のです。

チャートは,日通しのものと日
中のものの二つのチャートを並
べておきます。

チャートのインディケータは,
ローソク足,移動平均線,MACD,
ボリンジャーバンドです。

もっとも重視するのはMACDライ
ンです。MACDラインの変化でエ
ントリーしたり決済したりして
います。

H31.2.21朝の裁量トレード

では,本日のチャートで本日の
トレードをお見せしましょう。

左が日中チャート,右が日通し
です。

右のほうが見やすいので右をご
覧ください

9:15に売り注文を出しまし
た。右向き矢印。¥21355

10:45,¥21340で決済で
す。+15でした。

途中¥21295まで下げてました
から,+30とか+50とかの目標を
もって指値しておくのもいいと
思いますが,逆に指値すること
によって利益幅を縮小すること
もあるので,どちらがいいとも
言い切れないところがあります。

お気づきでしょうが,
MACDを中心としたトレードは,
トレンドフォローを基本として
いますので,そんなに大きな利
益を狙わないと思っておいたほ
うが良いと思います。

とすれば,
スキャルピング手法を紹介した
ときにもお伝えしたように,±
15とか±30の指値をする方が
シンプルのように思います。