勝率100%のロジックは たしかに存在する!

勝率100%のロジックは
たしかに存在する!

 

こちらのチャートをご覧ください

2007年ころのわたしは
このチャートを見て
「これは必ず稼げる!」と
直感して大金を預けました。

これは,金先物の月足チャートです。
ご覧のように,しばらく低迷してい
た金の価格は2005年ころから急激に
上昇し始めました。

予想通り,見る見る利益は積み上が
っていきました・・・
が,2008年のある日を境に一気に価
格は落ち始めたのです。

チャートでは,中央から少し右の
ところの少し凹んだところです。
月足のチャート上は大したことな
くても,一日で数十万の損失が
膨らんできました。

追証の催促に従って,(妻に内緒
で)泣く泣く資金を投入しますが,
一向に元に戻りません。

で,結局金先物からは撤退しました。

この私の失敗談からすれば,
「勝率100%」なんて当然あり得
ません。

しかし,考えてみれば,
わたしにもっと資金があれば,もっ
と追証をつぎ込んでいさえすれば,
撤退することはなかったのです。そ
れが証拠にその後また,相場は
2011年まで上昇しました。

あなたはもうお気づきですよね。

そうです。
資金が無限大にあるならば,
右肩上がりの相場で買い玉(ポジシ
ョン)を持っているとき,
理屈の上では必ず勝てるのです。

右肩上がりの上昇トレンドが続く限
り,
さらに上がれば買い足し,
逆に下がればナンピンをすればいい
のです。

なので,資金があればあるほど,時
間があればあるほど,確実な利益を
得ることができます。

損失が膨らむなら,戻るまで放って
置き,利益が積み上がったときに決
済すればいいわけです。

このように,
条件次第で勝率100%ロジックは
ありうる話なのです。

資金と時間は無限ではない

しかし,残念ながら「資金が無限」
とか「時間が無限」などという条件
は現実には存在しません。

ロジックは存在しても,現実には使
えないというわけです。

世の中には,毎日のようにこのよう
なキャッチフレーズの儲け話であふ
れかえっています。

100%ではいかにもウソっぽいの
で,70%くらいの話が多いですね。

条件さえ無視すれば,わたしの開発
したロジックも70%とか100%
と言えるものがあります。

しかし,賢明なトレーダーはすでに
知っています。勝率など50%あれ
ば十分だと。

問題は利益です。たとえ勝率が高く
ても,損をしていたのでは話になり
ません。

なので,わたしはある時からあまり
勝率を計算することがなくなりまし
た。

「どれだけの利益が上げられるの
か」ということで,そのロジックの
価値を評価するのです。

具体的には,
1か月にどれだけ利益が上がるのか,
1日平均どれだけの利益を上げられ
るのか,というデータをここ数年蓄
積しています。

なので,月単位でいえば,数か月間
負けなしのロジックもあります。

長いものでは,20か月無敗のものが
あります。

これがすごいことなのかどうかは,
人によって評価が分かれるでしょう。

わたし自身すごいことと思ってはい
ません。

なぜなら,現実にこのロジックを実
践するには,一日中チャートに貼り
ついていなければならないのです。

たとえ資金があったとしても,(そ
んなにないのですが)そのような時
間はわたしにはありません。

一日中チャートとにらめっこするた
めに生まれてきたわけではないので
す。

 

すると,現実にはどのようなロジッ
クが良いロジックなのかという問題
になります。

それが,一言でいうと,

シンプルロジック

なのです。

具体的に言うと,

1.時間をかけない
2.勝率は高いほうが良いけど
50%以上あればいい。
3.利益は,1日平均+10程度
あればいい。月に直して,
資金の+10%程度あればいい。

こんな感じです。
これが,私の目指すシンプルロジッ
クです。

逆に,

1.時間がかかる。
2.勝率が50%に満たない
3.資金の10%も稼げない

では,胸を張って「シンプルロジッ
ク」とは言えません。

まあ,本当は勝率が50%未満でも,
利益さえ上がればいいのですが,や
はり凡夫ですから,それではストレ
スがかかってしまいます。

そして,定期預金などと比べれば,
利益率など5%もあれば十分なので
すが,やはり少しは速いスピードで
殖えてほしいのです。

なんだか,
わたしのシンプルロジックの話まで
届きませんでした。

次回は必ずお伝えしますが,
実は今日の話のが大事だと思いまし
たので,ついつい長くなってしまい
ました。

最後まで読んでいただいてありがと
うございます。

日経225先物取引入門は,
こちらで無料配布してます。
下のほう「→こちら」というところです。