日経225先物取引入門 トレードスタイル

2018年5月17日

日経225先物取引のトレードスタイル

 


長期トレード

一般的な株式投資のように何週間も何
ヶ月も建玉を保有していて、ファンダ
メンタルな変化に応じて決済したり、
新規に建玉を持つような取引です。

変動幅が大きいので、長期トレードは、
資金にかなりの余裕があることが前提
になります。

もし長期の建玉を保有するとすれば、
証拠金の10倍ほどの資金を充てるこ
とができるときでしょう。

例えば、
ざっと100万円以上の資金があれば、
ミニ1枚を長期で持っていてもいいか
なと思います。


中期トレード

スイングトレードとも言います。

長期に対すれば、短期トレードの仲間
ですが、私は短期の範疇に入れないの
で「中期」と読んでいます。

1日以上、数日間(数週間)建玉を保
有するトレードです。

長期トレードよりも、テクニカル分析
による取引が主になってきます。

資金は、狙う利益幅によって変わって
きます。通常、余裕資金で大きい利益
を狙うトレーダーが多いと思います。


短期トレード


1日以内か2日以内より取引を完結さ
せるものを言います。

1日以内で終わらせるのが基本ですが、
翌日の寄り付きで決済する、オーバー
ナイトもこれに含めます。

基本的にテクニカル分析により取引し
ます。資金が潤沢でない場合に向いて
います。


短期トレードスタイル

デイトレード

1日以内にトレードを完結させるスタ
イルで、日中取引と、夜間取引、オー
バーナイト取引などがあります。

私の場合、デイトレと言えば日中取引
のことを指します。日中取引は、8:
45に取引を開始し、15:15に取
引を終了します。

夜間取引は、ナイトセッションとも
いい、16:30に取引を開始し、翌
朝5:30に取引を終了します。

オーバーナイトトレードは、
持っていた建玉を5:30に決済しな
いで翌朝の寄り付きで決済するスタイ
ルを言います。

寄り引けトレード

デイトレードの代表的なスタイルとも
言えるのが寄り引けトレードです。

私がおすすめするのは、
日中取引の寄り引けトレードです。

取引開始の8:45以前に売買注文を
出し、終了の15:15以前に決済注
文を出します。

8:45のことを「寄り付き」15:
15のことを「(大)引け」と言うの
で、この通称が付いています。

通常、8:45以前に「寄成」(寄り
付き時に成り行きで)で注文し、直後
に注文が約定したら、即座に「引成
(大引け時に成り行きで)決済します。

朝の5分から10分程度の時間の操作
でできるトレードなので、シンプルト
レードの典型とも言えます。

短時間デイトレード

寄り引けトレードは、注文を入れてし
まえば、約6時間の間放っておけるの
で、シンプルな良さがある半面、その
間何が起こるか不安になります。

そうしたリスクを回避し、少ない資金
で挑戦する方法があります。

まず、
30分足か15分足のチャートを使った裁
量トレードがあります。日中2,3回の
トレード回数になります。

次に、
1分~5分足のチャートを使ったトレー
ドです。これは、短いときは秒単位、
長くても数十分程度のトレードで、
キャルピングと言っていいでしょう。

テクニカル・スキルを駆使して、短時
間に取引します。これら短時間トレー
ドでは、チャートから目を離すことが
できません。

では,早速口座を開設しましょう。
証券口座比較
カブドットコム証券

スマートフォンで取引する方は
CFDをおすすめします。


売買の鍵 「トレードロジック」

日経225先物取引が投資初心者にと
っていかに扱いやすいものかお分かり
いただけたと思います。

さて、
では、いざトレードをスタートするに
あたり、どのようなタイミングでどの
ような判断で売買したらよいのでしょ
うか。

その「売買の鍵」とも言えるのが
トレードロジックです。

私は、数年間の225トレードの経験
に加え、蓄積したデータを分析して
いくつかのロジックを考案しました。

その基本となる考え方は
シンプル」であること。

もう一つの無料レポートである
日経225先物取引 超シンプルロ
ジック ドS
のほか、有料で2種類のロジックを公
開しております。

ご利用くださるようご案内申し上げま
す。

シンプル225